業務案内

ホーム > 業務案内 > 臨床薬理業務

臨床薬理業務

医療機関、製薬企業、被験者(治験参加者)など関係者の全てが満足する業務を心がけています。
CRO(計画書の作成、モニタリング等)、薬物濃度測定会社との連携により、ワンストップでのご依頼が可能です。
治験の品質は社員一人一人の意識が大切であり、定例会で情報共有を図っています。
常にコスト体系を見直し、コストパフォーマンスの向上に努めています。

受託業務

健康な成人男性を対象とした臨床薬理試験の実施

第Ⅰ相試験、ジェネリック医薬品の生物学的同等性試験など
特に、ジェネリック医薬品については、豊富な実績がございます。

患者等を対象とした臨床薬理試験の実施

以下の疾病患者での治験実績がございます。

腎障害患者、高血圧症患者、閉経女性、急性リンパ性白血病

パッチテストの実施

医薬品、医薬部外品、化粧品、添加物、等

特長

・IRBを依頼者様のご要望に合わせてタイムリーに開催
・治験事務局、IRB事務局、治験実施部門の緊密な連携
・治験ごとに担当者を置き、依頼者様との緊密なコミュニケーションの下に実施
・書類作成・提供が迅速
・豊富な治験実績に基づく計画へのアドバイス
・充実したボランティア会(健康成人)の利用により、適格で、治験に協力的な被験者を選定
・低い脱落率 (過去1年間:0.4%。有害事象によるものを除く)

↑ ページトップへ